受賞:3つ目のよろこび

きのう9/17に
「2020年日本民間放送連盟賞」の
受賞番組が発表されました。
その中で、番組部門 テレビ報道番組部門で、
昨年語りを担当させて頂いた
NNNドキュメント(日本テレビ)
「なかったことに、したかった。
未成年の性被害①」「なかったことに、できない。
性被害②回復への道は」が優秀賞を受賞しました。

「日本民間放送連盟賞
(連盟賞、英文名:JBA Awards)は、
質の高い番組が
より多く制作・放送されることを促すと共に
CM制作や技術開発の質的向上と、
放送による社会貢献活動等の
より一層の発展を図ることを目的に、民放連が
1953年に創設した賞で部門・種目別に審査を行い、
優秀な成績と認められる作品および
民放の信用と権威を高めたと認められる活動を
表彰するものだそうです。

この1つの番組では、
放送批評懇談会主催のギャラクシー賞と
放送文化基金賞の最優秀賞に続いて
今回が3つ目の受賞となりました。 

全ては有難い巡り合わせ、
スタッフさんの努力の結晶である
優れた作品のお陰でしかないのですが、
私自身も本当に夢のような気持ちです。
今回の一連の喜びを深く胸に刻み
感謝を忘れず、
日々薄皮一枚でも成長して
現場で頼りにされる語り手に
成長したいと思います。
 

11月にはNHKでの再放送が
予定されているそうで日程がわかり次第
書かせて頂きたいと思っています。

関連記事

  1. ザ・ベストテレビ2020

  2. 放送文化基金賞授賞式

  3. 放送文化基金賞

  4. 【告知】

  5. 【告知】NHKで放送されます

  6. 8/30放送のNNNドキュメント