間と息の演技を学ぶ

声優プロクラスに通う中で
日々大きな刺激を受けていますが、
カルチャーショックも多々あり
ここ数回の授業では以下の様な学びがありました。
(まだまだナレーターとして観察させて頂く
レベルにしか達しておらず
正確な考察とは言えないメモ程度です)

①吹き替えの現場では、
ストップウォッチは使用せず画面のタイムコードと
登場人物の動きをよく見て
SEも加味してタイミングを合わせる。
紙の台本と画面を目で追う作業はかなり速く
相手と台詞をクロスさせ
被せていく場面も多い。
必要な動体視力は車の運転に近い。

②セリフの言葉の意味や何を言っているかに
細かく囚われて言葉を出すより、
画面の中にいるキャストを注意深く観察して
瞬間瞬間の体や呼吸の動きと自分自身とを
一体化させて登場人物として言葉を吐く。
(年齢、職業、性格などのキャラ、
登場人物同士の関係性、
なぜこれをこの台詞を
このタイミングで言っているか。
どういう風に言葉を発しているか) 

③滑舌よりもニュアンスと雰囲気
キャラクターに合った声作り。

④ケースバイケースで不明瞭に話してOKな一方で
ナレーション原稿以上に
キーとなる単語を立てて
意識的に印象深く発音する必要がある。 

⑤一声目の頭の発音のインパクトと
語尾の処理の大切さ。

⑥タイムコードはモノによって印刷されておらず
自分の役の箇所を試写の段階で書き写す
正確なタイムを把握している事は監督からの
指示に従って円滑に対応させる際に必要 
(試写は1回目は全体を見る→細部を見る、
自分の役のパートと掛け合いをよく見る→
以上を踏まえ更に細かく観察する)

⑦大きく通る声と大きな芝居ができる事が
必要だが、
最近の外画の現場トレンドとして
それらを備えた上で普通の会話程度の
テンションと大きさで話すことが 
求められているそう。
過剰な芝居よりナチュラルさが必要。
かと言って自然過ぎると
画面のキャラクターに合わない。
自然でいながらインパクトと
存在感のあるキャラクター。
どの位が映像になった時に
ちょうど良く見えるのか 
バランスと加減を知る必要がある。 

⑧演者の数だけキャラクターが存在する。
他人の振り見て我が振り直せで
それぞれの方の演技プランと演出の方の
フィードバックをよく聞いて何が求められているか
作品にハマっているかの答えを
自分自身の勉強材料にストックさせて頂く。 

⑨上手な相手と組むと勝手に引き上げられる
(勿論全員が私より上手で
経験豊かな声優さんなので
プロクラスに入学して良かったと思っています) 

⑩ひとりで語るナレーションのような
個人プレーではなく
声優さんの現場は沢山の方々が交錯して
一つの作品を作り上げる団体芸。
沢山の方々と絡み同化しながら
自分自身のキャラも立たせる必要性。
ご一緒する方々への
礼儀とコミュニケーションも重要。

———————————————————-
ちなみに、この回の授業の題材は
海外ドラマ「S・W・A・T」。
多発する凶悪事件に立ち向かう
ロサンゼルス市警察所属の
特殊武装戦術部隊S.W.A.T.チームの活躍を描いた
ポリスアクションドラマで
最新作はシーズン3だそうです。
今回はその吹き替え版演出もされた
演出ディレクターさんによる講義でした。 

授業の課題で与えられた半分の台本が
戦闘シーン。
銃撃など緊迫した場面の連続で
台詞ではなく
間と息遣いと呻き声で演技をする難しさ。
撃ったり撃たれたり…
ついていけないほどの
展開の速さとスピード感でした(汗)
不馴れな体験ばかりで反省は多々あり
落ち込みもしますが
新しい分野のドアを開けた以上
全てが成長の為の勉強材料として楽しみながら
取り組んでいきたいと思っています。

関連記事

  1. 秋のティータイム

  2. お芝居の学び

  3. 七夕に技芸向上を願う

  4. 番組を視聴して‥

  5. 声と呼吸のメンテナンスクラス

  6. 学びの日々